勝手に独立話の続きします。お金編パート1

もうなんかどこまで書いたかよく覚えてない。

 

誰が見てくれてるかはわかりませぬが。。。。

 

 

えーーーと。。。。。。

 

 

 

そうそう

 

 

貯金もそんなしっかり使えるような額あったわけではないんですよね。

 

仕事5月末でやめて普通に生活できる金額をのこして

 

 

自由に使えるお金はその時点で70万くらいしかありませんでした。

 

もうちょっと貯めとけよな。。。。。

 

なんてったって美容室の設備にはお金がかかります。

 

  • 水回り(シャンプー台・トイレ・カラーなどのカップを洗う流し)

シャンプー台はピンキリですが、使いたかったシャンプー台は65万

トイレは上の部分だけ変えたけど、全部新しくしたら10万くらい?

流し台も数万円、、、

  • ガス(お湯使うからね!)

給湯器だけでも15万前後(サイズとかにより)

取り付けの工事費用もかかりますし。。。

  • 電気系(照明やドライヤー、エアコンとかないと無理)

照明器具も数万円、エアコンは業務用だと20〜30万くらい(メーカーや新古品とかによって違う)

 

 

あとはまあ備品とか諸々

 

 

まず第一に、お金が工面できないとお話にならないんですよ!

 

 

そこで色々調べたり、諸先輩方に話を聞いて

 

日本政策金融公庫

 

ってとこにたどり着きました。

 

昔は国金とかいったみたいですね。

 

 

実際のところ私は資本金が少なかったので

 

 

銀行で借り入れとかはなかなか難しい感じでした。

 

多分預金と同じくらいしか貸してくれない。

 

 

ってなわけで公庫に相談しに行くと

 

 

借りたい希望額の10分の1の資本金が必要

 

 

 

とのこと

 

 

つまり

 

 

お店にかかる費用が1000万だとしたら100万円ですね。

 

加古はまあ70万すぐ用意できるのでマックス700万円ということになります。

 

 

ただしこれは、融資の申し込みの条件!!

 

つまり

 

お店出したいのにある程度資本金も貯めてねえ奴にお金貸すわけねえだろ。

 

 

的な感じです。

 

 

コツコツと計画的に貯めている方が信用されやすいみたい。

 

 

とりあえず周りから借りて急に口座の預金が増えてるとかはNGらしい

 

 

 

あとは物件の契約書とか必要な書類があったり公共料金ちゃんと期日までに払ってるかとか色々あるのよ、、、

 

今度詳しく書きます。

 

別にいらないって?

 

 

書きます。

 

そんなこんなで公庫の面談が終わり

 

 

2〜3週間で結果のご連絡がいきます

 

って言われたんですわ。

 

その日にちが

 

5月8日

 

辞めると決めてから1ヶ月

 

たっていたんですねー

 

5月末には辞めるとか言っちゃったもんだからもうどうしようかと思いましたが

 

 

 

とりあえず待つしかないので待ってた

。。

。。。

。。。。

。。。。。

5月16日に融資満額オッケーとのお知らせキタ

 

 

 

!!!???

 

早くない!?まだ一週間じゃない!?

 

 

 

ふう。。。日頃の行いか。。。

 

 

 

特に何も行っていないのですがそう思うことにしました。

 

 

かといって安心している場合じゃない

 

辞めるまであと2週間しかない。

 

 

とりあえず内装の打ち合わせを進めることに、、、、、

 

 

次回、内装決めた話!あとお金編パート2

 

 

興味なくてもみてください。

 

 

では!!

 

質問等ありましたらLINEまでお気軽にどうぞ
友だち追加

カコヒロシ
読んでいただきありがとうございます!!

ご予約・ご相談はお店の公式ラインよりお気軽にどうぞ!!

ご予約の方は希望の日時とメニューを明記のうえ送ってください^o^

友だち追加

こちらからご相談・ご予約お待ちしております。

 

ネット予約はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA